Angelo Mangiarotti

ホーム > アンジェロ マンジャロッティ > プロフィール

1921年2月26日、ミラノに生まれる。

1948年、ミラノ工科大学卒業。1953年から1954年にかけて、シカゴの"ループ"地区コンペに参加する等、アメリカ合衆国にて専門的な活動を展開する。この時期、フランク・ロイド・ライト、ウォルター・グロピウス、ミース・ファン・デル・ローエ、コンラド・ウォッシュマンと親交を結ぶ。

1955年、アメリカ合衆国から帰国、ミラノにブルーノ・モラスッティと事務所を開設(1960年まで)。

1955年、東京にてマンジャロティアソシエイツを設立する。

1986年から1992年まで、コレ・クリスタル社のアートディレクターを務める。

数々の書籍、専門雑誌及び新聞等に発表されている作品にみられる創造活動する傍ら、イタリア国内、海外の大学において、精力的な教育活動も展開する。

1953年から1954年、シカゴ、イリノイ工科大学にて客員教授、1963年から1964年はヴェネチア建築大学の工業デザイン専門コースにて教鞭を執る。1970年、ハワイ大学に客員教授に就任、1974年にはローザンヌ工科大学、1976年はアデレード大学及びアデレード南オーストラリア工科大学にて教鞭をとる。1982年、パレルモ大学建築学部教授に就任、1983年フィレンツェ大学建築学部、1989年から1990年にかけてはミラノ工科大学建築学部にて客員教授、また1997年には同ミラノ工科大学建築学部インダストリアルデザイン学科教授を務め、卒業講義を受け持つ。その他、国際レベルでの数多くのセミナーや講演を行う。

1987年に出版された書籍"In nome dell’architettura (建築の名において)"で語られている基本的なセオリーにみられるように、マンジャロッティの創作活動は、普遍的な創作がすべての者にそのもの本来の使用目的を認識できるとし、各々の物の固有な性質を際立たせるよう目指されている。

彼の建築への表現は、人と環境の新しい関係を表現するものであるのに対し、デザイナーとしてのマンジャロッティの活動は造形探求を重要なポジションと捉えている。

常に素材の性質を厳密に考慮するという姿勢においての彼の探求の目標は、材料の本質から生まれる創造する物の形の決定である。

2012年6月30日、ミラノにて永眠。

彼の創作活動は、デザイン部門もしくは建築構築部門にて、様々な賞を受賞している。

  • ドムス・フォルミカ賞受賞 (1956)
  • ロンバルディアIn/Arch 建築賞受賞 (1962)
  • 工業デザインに対するラ・スペツィアN.G一等賞受賞 (1963)
  • 工業化建築の作品に対し、AIP(イタリア・プレファブ工業会)賞受賞 (1972)
  • メタリック構造ヨーロッパ賞受賞 (1979)
  • 第3回ソフィア国際ビエンナーレ名誉賞受賞 (1986)
  • 建築におけるアルミの活用に対してタルガ・アルガン賞1等受賞 (1989)
  • In/Arch 競技にて選外特別賞受賞(1989)
  • 「エルゴノミカ」に対してD.P賞受賞 (1991)
  • 石材を用いた設計活動全般に対してマーブル建築賞受賞(1994)
  • ADIゴールデン・コンパス賞受賞 (1994)
  • ミュンヘン工科大学建築学部より名誉工学士授与 (1998)
  • トッレ・カラーラ・アカデミーの建築部門で金賞受賞 (1998)
  • 工業デザインにおける業績に対してミラノ工科大学建築学部より名誉学位授与 (2002)
  • リマ・エディトリーチェより"Apostolo del Design"金賞受賞 (2006)
  • マーブル建築賞選外特別賞受賞(2007)
  • 雑誌ArchitettiVerona 50周年記念に際してヴェローナの建築協会より特別賞(2009)